消費者金融大手と中小

お金を借りる手段として消費者金融のキャッシングは定着してきました。キャッシング利用者は人口の10人に1人以上と言われており、大抵の街には各社消費者金融の店舗があります。アコムやプロミスなどの大手もありますが、中小規模の消費者金融もあります。

 

同じ消費者金融でも、大手と中小ではかなり違いがあります。大手は利用者が多いですが、中小規模の消費者金融を利用する人もいます。これからお金を借りたいという人向けに、大手と中小の違いをまとめました。

 

借りる際の適用金利

金利についていえば、大手の方が良心的といえます。大手消費者金融でお金を借りる場合、18.0%で借りられたという人が最も多いです。金利については法律で上限が決められています。

 

借入額10万円未満なら20.0%、10万円以上なら18.0%、100万円以上なら15.0%です。大手消費者金融で数十万円程度までの借入れであれば、18.0%の金利が適用されるケースが多いです。

 

一方、中小規模の消費者金融の場合18.0%~20.0%の金利設定が多いです。少しの差に感じるかもしれませんが、中小規模の消費者金融の方が、金利が高い傾向にあります。

 

 

限度額などの借入額

大手の場合、最初に借りられる金額は20万円~50万円程度が多いです。これにも理由があって、消費者金融では50万円を超える借入れをするには、収入証明書類の提出が必要となります。手続きが複雑となるため、最初は50万円以内からスタートする所が多いです。

 

一方、中小規模の消費者金融の場合、最初は10万円未満からスタートする所が多いです。10万円以上になると上限金利が18.0%に下がってしまう点が理由として考えられます。最初は少額からスタートして、返済が順調に進むのであれば増額にも応じてもらえるところが多いです。

 

消費者金融は大手でも中小でも初回はそこまで大きくはならないのが限度額設定ですが、それでも中小の消費者金融に比べれば大手は多少であればまとまった金額での契約も可能となります。

 

また、大手消費者金融であればプロミス札幌での借り方のように条件次第で一定期間の無利息融資も可能となる場合があるので、ある程度の金額を借りながらも利息負担が抑えられるようになっているのもポイントです。

 

申込みの手続き方法の違い

大手なら契約機が全国に設置されているので、簡単に申込みができます。また、インターネットでの申込みもあります。必要書類も最低限で、免許証さえあれば大抵申込みが可能です。

 

一方、中小規模の消費者金融の場合、店頭にいくかインターネットでの申込みとなりますが、店舗数は圧倒的に少ないです。必要書類についても、後から色々と追加を要求されるケースも珍しくはありません。

 

融資までのスピードについて

大手消費者金融の場合、審査時間は最短30分と、かなりスピーディです。審査後の融資までは時間がかからず、契約を結べばすぐにでも借入れが可能です。カードを使って簡単に借入れができるようになります。

 

中小規模の消費者金融の場合、審査は最短即日となっていても、日数がかかるケースが普通にあります。申込みから融資まで1週間以上かかるケースもあります。

 

申込時には生年月日や年収、勤め先など色々な質問を受けます。大手の場合、最初に回答する項目が多い代わりに、その内容を基に迅速に審査を行います。中小規模の消費者金融では、一度最低限の質問に答えて、後から問題点について質問が再度来るようなイメージです。

 

審査の結果だけでなく初回の融資も最短即日キャッシングで利用をしたいと考えるなら、中小の消費者金融ではなく大手を利用すべきとも言えます。大手なら土日でも最短即日の融資も可能となる手続きの方法があり、中小とは異なり早い借入れも現実の物となります。

 

中小の場合にはそもそも土日は営業をしていないこともあるので、週末にお金が必要になった際には中小消費者金融では対応ができない場合すらもあるのです。

 

中小規模の消費者金融を利用する人

ここまで見てきて、どうみても大手消費者金融の方が有利だと思うかもしれません。確かに大手の方が低金利で申込みもしやすく、融資も早そうです。

 

中小規模の消費者金融を利用するのは、大手で断られたケースが多いです。例えば現在複数社で借入れをしている人、債務整理中の人、債務整理の経験がある人などは、大手の審査に通るのが難しいです。大手は誰でも借りられるという印象が強いかもしれませんが、金融事故を起こしている人に対しての審査は厳しいです。

 

中小規模の消費者金融では、大手とは違った目線で審査を行い、金融事故を起こした人でも融資をしてくれる可能性があります。問題がなければ大手、大手で駄目だったら中小規模の消費者金融を試してみましょう。